『TIN』展 @SEN&GALLERY

2016年12月02日

11月19日(土)〜27(日)まで総勢20名の作家さんによる合同展示『TIN』展が、北浜のSEN&GALLERYにて開催されました。
髙山堂ではそのオープニングレセプションに召し上がっていただく『TIN』つまり「珍」なオリジナル生菓子を作らせていただきました。
すでにそれぞれに世界観をお持ちの作家さんが生み出す『TIN』な作品が並ぶ空間の中において、本質からぶれずに『TIN』な世界観に共鳴できる和菓子、、、
髙山堂ではこんな応えを作り出してみました。
普段お店では絶対に並ばない、まさに『TIN』な和菓子ができたと自負しております。
素晴らしい機会をお与えいただき、多くの刺激を受けました。
ありがとうございました!

///
『TIN』和菓子 キャプション

「絞」 shibo  *煉切/しろ餡
和菓子は想いを秘めている。
日本人の奥床しくも美しい想い。
その想いを包み、絞り、綴じ込めて。

「包」 tsutsumi  *煉切/漉し餡
和菓子の心は包む心。
内に秘めた温かくも強い心。
その心を包みつつ、そっと漂わせて。

「椿」 tsubaki  *煉切/しろ餡
椿は冬の花。凜と咲き、潔く散る。
椿は日本人の美意識をかき立てる。
黒く染めてもその存在感は高まるばかり。

「葉」 yo  *煉切/漉し餡
葉は色づく。
環境に極めて順応に色づく。
時にはこんな風に飾ってみたいかも。