badge_autumn badge_spring badge_summer badge_new

高山堂

お 菓 子

ほ こ ほ こ

饅頭や焼き菓子など
スウィートまーめいど
スウィートまーめいど
スウィートまーめいど
スウィートまーめいど

西宮 髙山堂の代表銘菓。「ミルク黄味あん」を包んだ、とろける味わいの洋風まんじゅうです。日本茶だけでなく珈琲や紅茶にも合いますので、お子様からご年配の方まで、幅広い年齢の方にお勧めできます。とにかく口溶けを良くしたい・・・。その一心で作り上げた、とろける食感。その秘密はミルクと生クリーム、練乳、卵、それにバターを白あんに煉りこんだ「黄金比率」にあります。手に持ってべたつかない。それでいて食べたときに感じる白あんの食感は口溶け良くしたい。そんな和菓子屋としてのジレンマを乗り越え完成した、私たち自慢の和洋折衷の「和菓子」です。単独太平洋横断航海をされた堀江謙一さんの愛艇「マーメイド号」の母港として有名な「西宮ヨットハーバー」をイメージして生まれたのが西宮銘菓『スウィートまーめいど』です。楕円の形はヨットを、卵で書いた一本線は水平線を表しています。

富貴花
富貴花
富貴花
富貴花
富貴花
富貴花
富貴花

天然水で炊き上げた甘さ控えめの北海道十勝小豆こしあんを、やわらかな玉子皮で包んだ、焼まんじゅうです。 富貴(ふうき=社会的 地位 もあり、収入も多い様子)の象徴とされ、別名「富貴花」とも呼ばれる大輪の牡丹の花 をかたどりました
こしあんの持つ「しとり感」を保つため、生地には極力火を通さず、あぶり焼きにしています。焼きまんじゅうでありながら、生菓子感覚で召し上がっていただける、他では味わえない感触のお菓子です。
北海道・十勝地方は寒暖の差が大きく、小豆の澱粉質を育てるのに適 した地域として有名です。その北海道十勝産の小豆を、天然ミネラルを豊富に含んだ地下水でじっくりと炊き上げ、こしあんにしました。手間ひまかけた自慢のこしあんは、きれいな藤色をしています。
こだわりの"あん"は火を止めるタイミングが肝心です。炊きたての"あん"はやわらかく、冷めてからの見た目とは異なります。その塩梅(あんばい)をヘラですくった際に落ちるあんのしずくの形や速度で見極めて火を止めます。
製あん現場はいつもいい香りとともに大量の蒸気があがっています。過酷な労働に耐えるプロ精神が安定した品質を生み出します。

ふぃなんしぇ
ふぃなんしぇ
ふぃなんしぇ

アーモンドプードルとバターの香りが漂う、シンプルリッチな配合のフィナンシェです。和菓子屋だからこそ、シンプルな配合にこだわり、しっかりとボリュームを出して焼き上げました。

みかさ
みかさ
みかさ
みかさ

ふんわりと焼き上げた生地で北海道十勝小豆の粒あんをたっぷりとはさんだ、ボリューム満点のお菓子です。ご進物に・毎日のおやつにと幅広い用途にお使いいただけます。「みかさ」はどら焼とも言われますが、関西では奈良県の三笠山の形に似ていることから、「みかさ」と呼ばれています。みかさに使われている北海道十勝小豆の粒あんは、やわらかな食感の生地に合うように、かなりやわい(やわらかいの意)状態であげて(仕上げて)います。水分を多く含んだ粒あんは、甘味も少なく、すっきりとした後味が特徴です。たまご風味のふんわりとした生地が焼き上がると、甘い香りが部屋いっぱいに広がります。

きんつば
きんつば
きんつば
きんつば

北海道産の小豆を、ミネラル豊富な地下水で炊き上げました。シンプルだからこそ素材にこだわった高山堂のきんつば、小豆そのもののお味をお楽しみいただけます。北海道産小豆の食感を絶妙に残したきんつばは、甘さを極力控えめにし、後を引かない甘さに仕上げています。

里けしき
里けしき
里けしき
里けしき

120年の長きにわたり、受け継がれてきた伝承の技。やわらかな甘露煮の栗を一粒そのままに薄むらさき色の十勝小豆こしあんに包んだ栗まんじゅうです。時代を超えて変わらぬ美味しさをお楽しみください。北海道十勝産小豆をじっくりと炊き上げたこしあんです。中へ入れる甘露煮の一粒栗と糖度をあわせ、食感もマッチするように水分を多く含んだ状態に仕上げています。舌触りのやさしい極上のこしあんは、きれいな藤色をしています。

山麓ぽてと
山麓ぽてと
山麓ぽてと
山麓ぽてと

まろやかな風味のスウィートポテトの中に、さつまいもの王様、鳴門金時の角切りをふんだんにお入れしました。鳴門金時本来のほくほくした食感と独特の甘みをお楽しみいただけます。
さつまいもの王様として知られている鳴門金時芋は、他の種と比べて圧倒的に甘みがあります。その甘み、そしてホンモノの食感を味わっていただくため、鳴門金時の角切りをふんだんにちりばめました。

PAGETOP